観光タクシーと普通のタクシーは何が異なるか

人々の価値観が多様化した現在、ひと口に旅行といっても旅の楽しみ方はそれぞれです。

旅の目的が違えば、行きたい場所や移動の手段も変わってくるはず。
みんなと同じような旅ではつまらないと思う人や、高齢化社会でお金や時間に余裕のある人も増えている。そんな中、個別のニーズに合わせた利用が増えているのが観光タクシーです。

では、普通のタクシーと観光タクシーでは何が違うのでしょう。

まず、根本的に違うのは料金体系です。
誰もが知っているとおり、普通のタクシーは時間と距離によって料金が加算されていきます。

引き換え観光タクシーは、1台の車あたりの定額料金で、利用する人のプランによって事前に料金が設定されています。
普通のタクシーに乗っていて、メーターがどんどん上がっていくのにドキドキしたことはありませんか。
観光タクシーの場合、スケジュールの都合に応じて立ち寄る場所を付け加えたり変更したりしたとしても、料金は設定金額から変わることはありません。

それから、ドライバーにも違いがあります。
普通のタクシーで行き先を告げた時、ドライバーに「それはどのあたりですか?」とか「近くに来たら指示してください」などと言われたことがあると思います。
観光タクシーのドライバーなら、とにかくその土地の交通事情に明るく、多くの場所や道に精通しています。

他にも種類の豊富な車種、フレキシブルな乗り場設定など、普通のタクシーと観光タクシーの異なる点はいろいろとあります。
そして、この相違点はいずれも利用者にとっては大きな利点となっています。